1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. 風男塾、新体制でニューシングル「ミュージック」をリリース! 
INTERVIEW

風男塾、新体制でニューシングル「ミュージック」をリリース! 

INTERVIEW

 “人を元気にする”を目標に掲げ、キャッチーなサウンドと、エンタメ要素満載のライブ・パフォーマンスで、性別問わず、幅広い世代から支持されている風男塾。男装アイドルという独特なスタイルで、2.5次元好きのサブカル・ファンからも注目を集めている。メンバーは愛刃健水(あいば・けんすい:水色)、紅竜真咲(くりゅう・まさき:赤)、草歌部宙(くさかべ・そら:緑)、桜司爽太郎(おうじ・そうたろう:ピンク)、香月大弥(かつき・だいや:黄色)、神那橙摩(かんな・とうま:オレンジ)、偉舞喜雅(いぶき・みやび:紫)の7人。3月25日にリリースする24thシングル「ミュージック」は、この体制となって初の作品だ。新加入した神那橙摩、偉舞喜雅も強力なキャラクターで、グループに刺激をもたらしているよう。また、リーダーの愛刃健水は年内いっぱいで風男塾からの卒業を発表しているので、2020年は、特に気合いの入った年になりそうだ。進化し続けるジャパン・カルチャーの一端を担う風男塾が、今回のシングルではどんな成長を見せてくれるのか。グローバルな視点を持つメンバー全員に熱く語ってもらった。

「ミュージック」は風男塾の代表曲になると思います(愛刃健水)

——「ミュージック」は、現在のメンバーになってリリースする初のシングルになりますね。まずは、新加入した偉舞喜雅さんと神那橙摩さんから、風男塾で活動するにあたっての意気込みをきかせてください。

偉舞喜雅:これまでも「ミュージック」のジャケットやMV撮影、TV¤ラジオなどを経験してきたんですが、最近になってようやく自分は風男塾の偉舞喜雅なんだなっていう実感がわいてきました。SNSでもファンの人達から応援のメッセージをたくさんいただけました! それに、7人体制は久々でもあるので、それぞれのカラーを出していきながらも、これまで以上にレベルアップした風男塾を見せていけるように頑張りたいです。自分の得意なパフォーマンスをどんどん活かしたいです!

神那橙摩:風男塾の歴史自体、すごく長いですし、これまでもオレンジを担当した旧メンバーがいるわけじゃないですか。でも、俺は神那橙摩としてのオレンジっていう色を確立させたいですね。あと、これまでは歌いながらのパフォーマンスってあまり経験してこなかったので、そこは一生懸命、先輩達に食いついていきたいです。7人の風男塾としてのよさを見せられるように頑張っていきたいです。

——頼もしいですね! 一番長く風男塾で活動している愛刃健水さんとしては、新体制でのぞむ今回のシングルには、どんな思いを込めましたか?

愛刃健水:最初に「ミュージック」を聴いた時に、“あ、これは絶対ファンの皆さんを楽しませることができる曲だな”って感じたんですよ。だから、早く聴いて欲しい!っていう気持ちが最初にありました。パフォーマンスも、イベントで披露したんですが、初映えにもかかわらず、すでにお客さんがすごく盛り上がってくれているんですよ。だから、「ミュージック」は風男塾の代表曲になるんじゃないかなって思います。

——聴いていて楽しくなる楽曲ですよね。MVを見ても、皆さんが楽しそうに歌っているので、元気をもらえる作品になったと思います。歌詞にも背中を押されるような力があ
りますよね。

紅竜真咲:「ミュージック」にはサビで指揮者をモチーフにした“タクト・ダンス”っていう振りがあるんですよ。そこは誰でもすぐに覚えられるような簡単なものなので、それこそ小さいお子さんから年配の方まで、幅広い世代の方に楽しんでもらえると思います。

——風男塾のファンって、幅広いですもんね。以前、ライブを見せていただいたことがあるんですが、若い女性中心の客層かと思いきや、親子連れも多くて。

愛刃健水:そうなんですよ!

——楽しいだけじゃなく、ちゃんと温かいメッセージが曲に詰まっているからなんでしょうね。

草歌部宙:音楽ってすごく身近な存在じゃないですか。だからこそ、音楽で思いを伝えるのってどういうことなんだろうって、レコーディングからずっと考えていたんです。でも歌詞の中に“世界中の誰かに 笑われたって構わない ただ1人 君だけに 伝わっていればいいさ”っていう部分があって、そこは僕達の活動に通じるものがあると思うんですね。キャッチーだけど、メッセージが詰まった深みのある曲になったので、たくさんの方に届けたいです。

紅竜真咲:うんうん、いろんな国の人に聴いて欲しいな。

偉舞喜雅:「ミュージック」って出だしの部分から“ドゥビドゥビドゥビLove Love Love Love”じゃないですか。ここってどんな人でも発音できると思うんですよ。もしかしたら海外の人の方が言いやすいかも。だから、風男塾=「ミュージック」って思われるくらい押していきたいですね。

神那橙摩:楽しい曲調だし、歌詞も心に刺さるしね。

香月大弥:音楽に国境はないし、どんな国の人にも歌詞の物語性に共感してもらえると思うんです。自分はひとりじゃないんだよって……そういう思いになってくれたら嬉しいですね。

桜司爽太郎:みんなが言った通りですね(笑)。歌詞の話も出ましたけど、明るくて楽しい中にも“涙を流すより泣かないを選んだ”とか、いろんなことを抱えながら生きている人達の背中を押せるような言葉もあるので、最高の応援ソングになったと思います。何か……英語で歌ってみたいですね。いろんな人に向けて。

——いいですね! シングルのカップリングに英語とか、他の言語で歌うバージョンがあったら面白いかも!

偉舞喜雅:MVに英語の歌詞をテロップでつけてもいいと思う!

愛刃健水:面白そう!

紅竜真咲:あとは、各国の「愛してる」を勉強しないとだね!

アポロシアターのステージに、風男塾として立ってみたい(偉舞喜雅)

——ポップでキャッチーな「ミュージック」ですが、カップリング「No one’s gonna stop us now」はクールで攻めたアレンジの曲ですね。

愛刃健水:風男塾らしいなって思いますよ。ひとつのジャンルに特化せず、いろんな表情を見せられるのが風男塾だし、このシングル1枚でいろんな表情を見せることができたかなって。でも、さすがにこの「No one’s gonna stop us now」みたいな曲は、自分達にとって初めて歌う雰囲気の曲でしたね。

——もう1曲のカップリング「ココア・パンケーキ・ベイビー」は青春って感じのかわいい曲ですし。この振り幅がすごい!

愛刃健水:かわいいですよね。ホントにいろんな風男塾が楽しめると思います!

——ところで、風男塾は日本が誇る男装アイドルグループですが、海外のファンからはどんな風にとらえられているんでしょうか?

愛刃健水:自分達がどう見えているのか、直接ファンの人にきいたことはないんですけど、ナチュラルに風男塾の音楽を楽しんでくださるし、メンバーがキュンとするような発言をすると、“ワォ!”って感じでときめいてくれるんですよ。そこは日本のファンと一緒だと思いますね。ライブには、ちゃんと風男塾に恋しに来てくれてるんじゃないかな。

——ちょっと2.5次元っぽい感覚もあるのかもしれないですね。ところで、風男塾として行ってみたい国、都市はありますか?

偉舞喜雅:俺は絶対ニューヨークに行きたい。アポロシアターのステージに風男塾で立つ!っていう夢があるんです(ちなみに、アマチュアが出演できるアマチュアナイトが定期的に開催されている)。音楽は世界共通だけど、その中でも男装アイドルは他にないと思うんですね。実は小学生くらいの時に、アポロシアターのステージを見に行ったことがあるんです。その時、将来、どんな形でもいいからこのステージに立ってみたいなって思って。

全員:おおお〜!

紅竜真咲:メンバー7色のカラーがあるからわかりやすいし、“この人達、何やってる人なんだろう?”って思われたら勝ちだよね!

——愛刃健水さんは、今年いっぱいで風男塾の卒業が決まっているので、何とか今年中に……。

愛刃健水:ニューヨーク行きたい(笑)。でも以前、香港に行った時には、空港で待っていてくださったファンがいたんですよ。海外って、実際にファンの皆さんと会える機会が少ないので、チャンスがあったらアジアにも足を運んであげたいですね。

紅竜真咲:俺は韓国に留学していたことがあるので、韓国語が少し話せるんですよ。だから、韓国はもちろんだけど、台湾や中国の友達もいるんですね。中でも中国の友達に「今、こういうグループで活動しているんだけど」って言うと、「絶対中国に来たら売れるから!」って言われるんですよ。台湾の子もそう言ってくれるんですね。向こうではこういう文化がひとつのジャンルとして確立されているらしいんです。なので、アジアは絶対に行きたい!

——各メンバーがそれぞれひとつの言語を話せるようになったらすごくないですか?

愛刃健水:いいですね!

紅竜真咲:挨拶だけでもやれるようにしとかないと!(笑)。

——すっかり話が広がってしまいましたが(笑)。ボーダーレスな活躍に期待してます!

【取材・文:海江敦士】

My recommendation spot in Japan

愛刃健水
☆温泉
国内、いろんなところにあるのでオススメです。自分としてはひとりで温泉に行くぐらい好きなんですよ。温泉から出たらまず日本酒! 飲んだらまた温泉につかる……これはもはや自分へのご褒美ですね。

紅竜真咲
☆コンビニ
海外に住んだことがある視点で語ると、間違いなくコンビニです! マジでおにぎりもスイーツもメッチャおいしい。お弁当もあんなにたくさんの種類があって、どれもがおいしい! あの品揃えとクオリティーは日本唯一だと思いますよ。

草歌部宙
☆ご当地ラーメン
いろんな場所にあるご当地ラーメンがオススメです。どこに行ってもいろんなラーメンがあって、どれもおいしい。ちなみに、自分の好みは味噌バターラーメンです。

桜司爽太郎
☆弘前(青森県)
地元が青森の弘前なんです。弘前は桜の街で有名なんですね。ちょうどゴールデンウィークのあたりが見ごろ。弘前公園には園内に2600本の桜がズラッと並んでいて、夜はライトアップされた桜が川に映ってすごく幻想的なんですよ。ぜひ見に行って欲しいです。

香月大弥
☆アニメ映画
『君の名は。』は名作ですね。実は毎月、必ずアニメの映画を見るようにしているんですけど、今月は劇場版『SHIROBAKO』を見てきて、それがすごくよかったです。アニメ映画の中でアニメ制作をしている人達が描かれているんです。これはいろんな国の人達に見て欲しいですね。

神那橙摩
☆北海道
地元が北海道なので、北海道がオススメです。特に函館、小樽、札幌はすごくいいところですよ。食の宝箱ですから! 回転寿司のネタも全然違います……って言っても俺自身は生モノがあまり好きじゃないんだけど(苦笑)。

偉舞喜雅
☆寿司
日本と言えば、やっぱりお寿司だと思いますよ! そして、寿司の中でもサーモンがオススメ。マグロもいいけど、やっぱりサーモンがいちばんおいしいと思います。

SINGLE
風男塾
「ミュージック」
テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード/dreamBoat


【初回限定盤A】
CD+DVD
1,436円(+税)


【初回限定盤B】
CD+DVD
1,436円(+税)


【通常盤】
CDのみ
1,000円(+税)

2020年3月25日発売(3バージョンとも)

http://nfs724.com/