1. HOME
  2. INTERVIEW
  3. 綾野ましろ、待望のニューシングル「Alive」は、 話題のアニメ『ダーウィンズゲーム』のエンディングテーマ!
INTERVIEW

綾野ましろ、待望のニューシングル「Alive」は、 話題のアニメ『ダーウィンズゲーム』のエンディングテーマ!

INTERVIEW

2014年にシングル「ideal white」でメジャーデビューを果たした綾野ましろ。自然豊かな北海道洞爺湖町で生まれ育った彼女は、パワフルでありながら、澄んだ歌声が持ち味。これまでも多くのTVアニメのテーマソングを担当し、国内外問わず、多くのファンを獲得してきた。昨年10月にはデビュー5周年に突入。今年はさらなる飛躍が期待されている。そんな中、2月19日にニューシングル「Alive」のリリースが決定した。この曲は、現在オンエア中の人気テレビアニメ『ダーウィンズゲーム』のエンディングテーマに選ばれ、ロックテイストのバラードサウンドで作品を盛り上げている。というわけで、さっそくPASSPORT MAGAZINEは綾野ましろをキャッチ。「Alive」に加え、5周年を迎えた思いや、2020年に向けての意気込みを語ってもらった。

今年は新しい景色もどんどん見たいので、アグレッシブにいきたいです!

——ニューシングル「Alive」のお話を伺う前に、5周年を迎えた昨年はどんな1年だったか教えてください。特に5周年を迎えるタイミングでリリースしたアルバム『Arch Angel』や、11月に行ったリリース記念のライブ(@神田明神ホール)を通して感じたこと、成長を実感できたのはどんなことでしたか?

綾野:
5周年を迎えた昨年の活動は、とても濃密な1年でした。5年間歌っていられたことや、アニソンを通して様々な方々と”心”で繋がることが出来ることの感謝の気持ちを再実感しました。アルバムを発売しての神田明神ホールでのライブ「ARCH」は、アルバムを基軸としながらもこれまで歌わせて頂いてきた楽曲たちのそれぞれのカラーが入り混じったライブでしたし、楽しんで頂けたのではないかと思います。そして台湾での初海外ワンマンライブ「WHITENESS」でも台湾のファンの皆さんの熱い歓迎に驚きましたし、今後更に活動の幅も広げていきたいです。

——さて、2020年初のシングルとなる「Alive」ですが、熱量のあるロックバラードですね。最初に曲を聴いた時の印象は?

綾野:
バラードでありながら激しい緩急で勢いもあって、サウンドの深さを感じました。どう歌おうか?とわくわくしたのを覚えています。

——「Alive」はテレビアニメ『ダーウィンズゲーム』のエンディングテーマとしてもおなじみですが、バトルシーンのあるアニメだけに、「Alive」の曲調とはピッタリだと思います。綾野さん自身、『ダーウィンズゲーム』の面白いところはどんなところだと思いますか?

綾野:
バトルシーンはもちろん、生き残りを賭けたゲームにいつのまにか参加していて、半信半疑な気持ちから周りに猜疑心が生まれたり、心と身体の痛みを味わったりと、複雑な人間の心理も面白いな……と思いながら楽しめる作品だと感じました。登場人物も多彩なので毎回一瞬も見逃せない緊迫感もあります!

——「Aiive」では、綾野さんの透明感のある声がより力強く感じます。歌録りではどんなことを意識しましたか?

綾野:
力強く歌わない部分では、色々な歌い方の選択肢があり難しかったですが、作詞作曲をして下さったA-NOTEさんやレコーディングの場にいた皆さんと一緒に構築しながら歌うことで、熱も込めつつ、客観的に歌えたのが「Alive」という楽曲にとっては良かったように思っています。

——カップリングの「鼓動」はハードに展開するロックチューンですね。「Alive」と絶妙のバランスだと思いますが、こちらの楽曲にはどんな思いを込めましたか? 歌詞には絶望感も表現されているように感じましたが、パワーのある歌声で前向きな印象すら感じます。

綾野:
「鼓動」の力強いアップテンポな歌詞のリズムの中に、突然来る空虚感におもしろさを感じました。きっと誰しも口に出さないような絶望を感じることがあると思うし、私はその感情を否定はしない。そんな絶望感が今回の歌詞には前面にあるのですが、願いや希望は捨てないという両極にも見える気持ちが描かれているので注目して頂きたいです。色々投げやりな言葉が出たり、そんな気持ちを抱くのにやっぱり”誰かの愛にそっと触れていたかった”みたいな気持ちに繋がっていく……私自身すごく分かるので胸が締め付けられた部分。聴いて下さった皆さんはどう感じるのかなとすごく気になります。

——また、シングルには「RAY OF LIGHT」のライブ・バージョンが収録されています。今回、この曲を収録したのはなぜですか? 長いこと親しまれてきた曲でもありますが、綾野さんにとって「RAY OF LIGHT」には、どんな思い入れがあるのでしょうか?

綾野:
この楽曲には”僕”と”君”の関係性が何度も歌われています。ライブでは全員で楽しめる定番の楽曲になっていることと、改めてライブで歌う自分と、ライブを創り上げるには欠かせない、支えてくれる大切な皆さんとの時間を切り取ったような瞬間を残せたらとライブバージョンにしました。素敵な絵のように私の頭の中に焼き付いているので、皆さんにも思い入れ深い楽曲になってもらえたら嬉しいです。

——続いて、2020年の目標や抱負などもうかがいたいと思います。今年やってみたいこと、個人的に挑戦してみたいことなどはありますか?

綾野:
目まぐるしく濃かった5周年を迎えての6年目となるので、一層この目で見たことや感じたことを心に深く刻み込みながら進んで行きたいですし、新しい景色もどんどん見たいのでアグレッシブにいきたいです! ライブも1回でも多くやりたい、ひとりでも多く逢いたい、一歩でも先に進む。止まらない1年にします。あと、私は早起きが苦手なので、早めに寝て……早めに起きれるように頑張りたいです(笑)

——海外でのライブ活動も目立つ綾野さんですが、今後行ってみたい国、もしくはもう一度行きたい国(都市)はありますか? また、これまでに訪れた国で面白かったこと、感動したことなどのエピソードがあれば教えてください。

綾野:今後行ってみたいのは、イギリスとフランス。そして1度行った国にはまた行って、「ただいま!」と伝えてライブがしたいですし、1度じゃ知りきれなかったことが絶対あるので、またワンマンライブとして行きたいです。凄く景色が綺麗だったドイツやポルトガルは遠いけれどかなりオススメです。

——最後に、告知しておきたい情報などがございましたら、お知らせください。

綾野:テレビアニメ『ダーウィンズゲーム』のエンディングテーマ「Alive」を収録したニューシングルのリリース記念イベントを2/22(土)に川崎ラチッタデッラ噴水広場で開催します。今年最初の皆さんとお会いできる機会となるので、ぜひお待ちしています! そして、3/7(土)には地元北海道、札幌・カナモトホールにて開催する“リスアニ!LIVE SPECIAL EDITION ハルヤスミ at 北海道”に出演します。北海道所縁のアーティストの方々が集結してのリスアニ!LIVEということで私も待ちきれないです! 春を迎える北海道でどこよりも熱い時間を一緒に創りましょう!

【取材・文:海江敦士】

SINGLE

「Alive」
綾野ましろ
Sony Music Labels inc. / SACRA MUSIC
【通常盤】
CDのみ
1,200円(+税)